想い出甲子園-高校野球名勝負
球史を彩る高校野球名勝負の想い出を語りましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成5年高校野球選手権1回戦
※平成5年高校野球選手権1回戦(8月11日)
東 北
000000001000=1
010000000001=2
智弁和歌山
 (東)佐藤真-高橋康
 (智)有木、松野-井口
  ▽本塁打 有木(智)
  ▽三塁打 只野(東)
  ▽二塁打 渡辺(東) 武内、狗巻、松野(智)

 智弁和歌山甲子園初勝利
 智弁和歌山は12回、安打の井口をバントで送り、松野の左中間二塁打でサヨナラ勝ち。有木は2回の先制アーチ、9回途中まで4安打の力投と投打にわたり活躍した。
 智弁和歌山にとって甲子園春夏6回目の出場での念願の初勝利であった。これをきっかけに翌年のセンバツ初優勝、その後は優勝争いの常連となっていった。
コメント
この記事へのコメント
智和歌は
この時までは全部1点差で負けているんですよね。

今もあまり大差で負ける事が無いチームですな
2006/09/29 (金) 22:51:08 | URL | ぽんぱり #CWUURYHQ[ 編集]
それ以来
すっかり野球スタイルが変わりましたね、智辯和歌山は

それまでは、好投手2枚で接戦に持ち込むスタイルだった。

しかし、高嶋氏はそれだけでは勝てないと察したのか、
だんだんと「打」を意識した(ご本人は守りが中心とおっしゃってはいるが、無意識のうちにってのもあるのだろう)、
チームづくりになってきたね。

これに、当時の投手力さえつけば鬼に金棒なわけだが・・・

やはり、よほど「全て1点差負け」というのが悔しかったのでしょう
2007/07/24 (火) 04:31:08 | URL | 真の高校野球ファン #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/08/19 (金) 09:44:17 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 想い出甲子園-高校野球名勝負 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。