想い出甲子園-高校野球名勝負
球史を彩る高校野球名勝負の想い出を語りましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成13年高校野球選手権準決勝
※平成13年高校野球選手権準決勝(8月20日)
横浜高校010010202=6
日大三高300300001=7
 (横)福井、畠山-田仲
 (日)近藤-諸角
 ▽本塁打 都築(日)

 横浜の守備の乱れに乗じて6回まで日大三がリードしたが、横浜は7回に荒波のタイムリーで2点を返し、9回には本来の4番ながら不振でベンチにいた松浦が代打で左越え三塁打で1点差、さらに荒波も三塁打で続き同点とした。しかし、絶好の勝ち越し機にスクイズ失敗で併殺。
 その裏、日大三は先頭打者の二塁打と送りバントが野選となり無死1、3塁。諸角が初球を右前にサヨナラヒット。



コメント
この記事へのコメント
横浜の一年生レギュラー・荒波はチャンス強かったですね。横浜は同点にした直後の九回裏、連投やケガで先発できなかった畠山投手を登板させた、渡邉監督の粋な選手起用は素晴らしいと思う。。
日大三も横浜も代打が打って凄かった〃〃
2006/01/15 (日) 20:49:19 | URL | D・B #u0K1e51g[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 想い出甲子園-高校野球名勝負 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。