想い出甲子園-高校野球名勝負
球史を彩る高校野球名勝負の想い出を語りましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成3年高校野球選手権3回戦
※平成3年高校野球選手権3回戦(8月18日)
四日市工
0000300000000000=3
0000003000000001=4
松商学園
 (四)井手元-中村
 (松)上田-辻
  ▽本塁打 河本(四)
  ▽二塁打 西山(四) 二村(松)

 痛恨のデッドボール押し出し
 人気の上田に激しく対抗心を燃やした井手元は16三振を奪う力投で立ち向かった。延長16回裏は満塁策をとり上田と勝負、しかしその1球目が上田の右肩を直撃し残酷な幕切れとなった。
 上田は16回207球を投げたうえ死球を受け、翌日は本来のピッチングができず星稜に敗れたが松井秀喜からは2三振を奪った。
スポンサーサイト
copyright © 2005 想い出甲子園-高校野球名勝負 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。